イチマル:山のアルバム(ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 大雪渓から白馬岳:登山40周年の山行

<<   作成日時 : 2015/07/31 22:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今年は、私が登山を始めた1975年から数えて40年目の節目の年、ということで、今年の夏は40年ぶりに
白馬大雪渓から白馬三山縦走を計画しました。

                       白馬大雪渓を登る

白馬岳には何度か登っていますが、大雪渓から登るのは40年ぶりです。初めて登った40年前のことを思い出し
ながら登りました。初めて登ったときは、大学2年生で19歳。今は定年退職間際の59歳。体力も落ちて、なかなか
コースタイム通りには登れません。猿倉から白馬山頂宿舎まで8時間40分もかかりました。コースタイムの1.5倍
以上かかってしまいました。

                      白馬岳山頂の朝

翌日は、日の出前から登り始め、山頂でご来光を仰ぎました。よく晴れていい景色です。白馬山頂から眺める山々、鹿島槍や槍・穂高、剱・立山、黒部五郎、水晶・赤牛まど、皆なつかしい思い出の山です。

                     杓子岳からの白馬岳

テント場に戻り、杓子岳、白馬鑓ヶ岳の白馬三山の縦走です。杓子岳は、巻き道を通過したことはありますが、
今回は初めて山頂に登りました。目の前に白馬岳が見られ、素晴らしい眺めです。

                      白馬鑓ヶ岳からの眺め

白馬岳〜杓子岳〜白馬鑓ヶ岳の間は、けっこうアップダウンがあり、シンドいです。初めて歩いたときは、みんな
について行くのが精いっぱいで無我夢中で歩きました。40年前は1泊2日で歩きましたが、今回は、天狗山荘の
キャンプ地に泊まって2泊3日にしました。当初は2泊目は、鑓温泉に泊まって露天風呂に入ろうかと思っていま
したが、天気の良い週末で鑓温泉のキャンプ地は混雑が予想されたので、天狗山荘にしました。

                         鑓温泉

鑓温泉から猿倉への下山路は、小日向のコルまでの登り返しがけっこうシンドいです。何で下山するのに、
こんなに登るのかと思うくらい登りました。40年前は、猿倉を目指して無我夢中で歩いたので、あまり景色を
見る余裕はありませんでした。今回、ゆっくり歩いてみると、豊富な残雪や稜線の岩稜など、アルペン的な
風貌が随所に見られました。


今回歩いたコースとその他の写真はヤマレコをご覧ください。↓

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-691010.html

40年前のアルバムです。↓

http://senjiyu.fc2web.com/1975/1975/shirouma.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うわあ、なつかしい。自分ではもう無理だと思うので、この景色が見られて幸せです。しかも40年前の写真も! 自分が若過ぎてこれ誰?って感じです。
ムシ
2015/09/09 07:02
ムシさん、コメントありがとう。
白馬岳、特に鑓温泉のコースは40年ぶりに歩いたから懐かしかったです。
私も来年1月に還暦を迎えます。今度の星見会のOB会はいつですかねぇ。
同窓会やOB会の待ち遠しいお年頃です。
イチマル
2015/09/09 19:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大雪渓から白馬岳:登山40周年の山行 イチマル:山のアルバム(ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる