イチマル:山のアルバム(ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 久須夜ヶ岳から蘇洞門

<<   作成日時 : 2009/06/27 18:33   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

先週梅雨入りし、曇りや雨の日が続いていましたが、木・金と梅雨の中休みで良い天気でした。
この週末も、土曜日までは天気が良さそうなので、どこへ行こうかと考え、思いついたのは、
久須夜ヶ岳から蘇洞門の往復でした。


                 蘇洞門(そとも)

高島トレイルや三十三間山からよく見えた久須夜ヶ岳。ここにはエンゼルラインという、今は無料に
なっている観光道路があります。車でエンゼルラインを登り、駐車場から海抜ゼロメートルの蘇洞門
まで下り、蘇洞門から久須夜ヶ岳に登るというコースです。

道は思ったより歩きやすく、というか、地元の方が草刈などの整備をしておられるようで、草刈の跡も
真新しく、途中に草刈鎌や草刈機などが置いたままになってました。


              蘇洞門(大門)からの青葉山

駐車場から1時間15分くらいで、海抜ゼロメートルの蘇洞門に着きました。以前に小浜から観光船で
来たことはありますが、それはもう20年以上前のこと。どんな所だったか、ほとんど忘れていました。
実は、少し海辺を歩こうかと、サンダルやタオル、濡れたときのために替えの下着まで持ってきたの
ですが、歩ける所はほとんどありません。泳ぐしかないです。目の前には大門・小門の大きな岩が
立ちはだかり、周りの景色が見えません。歩く所もないので、30分くらいで引き返すことにしました。


             蘇洞門(P55付近からの眺め)

登り始めると、道はありませんが、大門・小門の上に行けそうです。ブッシュを掻き分け、慎重に
行ってみました。さすがにいい景色です。2.5万図のP55の岩です。岩の上(最高点)にも登れ
ないことはないでしょうが、まだ死にたくないので、やめときました。

さて、コースに戻り、登り始めると、何とGPSがありません!いつもウエストポーチにGPSのひもを
くっつけているのですが、下で外して、ポケットに入れて歩いてました。念のため、ザックの中を
探してもありません。もう一度、岩の上に行き、落としてそうな所を探しても見つかりません。
落とした所が悪ければ、海の中にポッチャンか、岩場の下に落ちてしまったか....。
途中、観光船が来て乗客が下りてきたので、岩の上を探すのは観光船が出発するまで待ちました。
30分くらい探したでしょうか。もう99%あきらめたとき、ふと見るとブッシュの中にGPSの黒いひもが
見つかりました。ひもを引っ張ると、GPS本体も付いてきました。神様ありがとうございます。


                  久須夜ヶ岳

誰かと来ていたら、ずいぶん人騒がせなことで迷惑をかけましたが、幸い、一人なので、迷惑を
かけずにすみました。GPS探しですっかり疲れたので、帰りは蘇洞門から駐車場まで2時間かか
りました。駐車場に戻ってから、後回しにしていた久須夜ヶ岳を往復しました。久須夜ヶ岳の山頂
は、展望ナシ。第一駐車場の方が展望良かったです。

無事見つかったGPSのデータです。→ GPS data=下り、=登り)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
その前の週の20日に エンゼルラインへ行っていました。
まーさんとノブサン連れなので、小浜の小鯛笹寿司で帰りました。
これからは蒸し暑い季節になりそうですね。
冬眠にあらず夏眠したいです。
りほ
2009/06/29 08:45
りほさん、こんばんは。
そーですか。一週間前に行っていたらエンゼルラインの駐車場で会えたかもしれませんねぇ。たまには山登りでなくて山下りも面白いもんです。
イチマル
2009/06/29 22:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
久須夜ヶ岳から蘇洞門 イチマル:山のアルバム(ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる